「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

お知らせ

新型コロナウイルス感染症を踏まえた「めぐこ」の対応について

  1. 2020年度「めぐこ」総会のご報告
    http://meguko.net/2020/05/26/post-4198/
  2. 2020年度送金・スタディーツアーについて
    http://meguko.net/2020/05/05/post-4077/
  3. 新入生の入部期限について
    http://meguko.net/2020/05/06/post-4082/
  4. 会報誌4月号
    http://meguko.net/2020/05/06/post-4088/
  5. サポーターズ通信4月号
    http://meguko.net/2020/05/10/post-4108/
  6. 「めぐこ」OBOGの皆様へ
    http://meguko.net/2020/06/03/__trashed/

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座からの定期的な募金を受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。昨年は11月9日に開催致しました。

 〜インド支援施設の対応(食糧編)〜

皆様、前回の投稿をご覧いただけたでしょうか?インドの新型コロナウイルス感染症の現状がよく分かる内容になっていたかと思います。

さて今回も引き続き、インドのシャンガハンの「めぐこ」担当者であるFr.からの現地報告を皆様に共有させていただきたいと思います!

今回は、インド支援施設の食糧供給キット配布についてです。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

シャンガハンエリアのFr.たちは、貧しい中の最も貧しい人々に、食用穀物の救援キットを提供し始めました。配布したキットは約340個にのぼりました。また、Sr.の方々は貧しい人々や生活困窮者に100個のキットを配布しました。各キットには、米5キロ、小麦粉5キロ、ダル1キロ(南アジアでよく食べられる小粒の豆を挽き割ったもの)、油1リットル、入浴石鹸1個、そして洗浄石鹸1個が入っていました。また、食料提供キットの必要性が高いとされる未亡人や障がい者(約50人)には、さらに2か月間、食料供給キットが与えられます。食料供給キットを受け取った人々は、家族に食事を与えることができました。しかし、収入源がないため、家族を養うことが出来ていない状況です。この世界的危機が深刻化し、長期化する中、人々は大きな恐怖、不安などに追い込まれます。彼らは家族、特に子どもの将来を心配しています。そのため、シャンガハンエリアのFr.たちは、食糧キットを提供するだけでなく、子どもたちの教育と福祉のための活動も計画しています。

以上、今回は食糧に関するインド支援施設の対応についてのご報告でした。なお、この食料支援はめぐこの支援とは関係なく、シャンガハンエリアのFr.たちが自主的に今できることとして行っていることです。

シャンガハンエリアのFr.たちの取り組みは、食糧不足に悩む方々の大きな支えになったと思います。厳しい暮らしを余儀なくされている子どもたちが健やかに成長できるよう、感染症の早期の収束をお祈りいたします。

次回は、Fr.現地報告の最後の投稿になります。そちらも是非読んで頂ければ光栄です!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top