「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

「めぐこ」について知りたい

新型コロナウイルス感染症を踏まえた「めぐこ」の対応について

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座からの定期的な募金を受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。昨年は11月9日に開催致しました。

「めぐこ」の3つの理念

「めぐこ」を支える3つの理念

Three Principles of Meguko’s Activity

 

「めぐこ」は1975年の創立以来、学生団体として団体を構成するメンバーが移り変わりながらも、
経済的理由により初等教育を受けることができない子どもたちに教育へのアクセスを保障し、彼らの将来の可能性を広げたいという意志を持って活動を続けるために3つの理念を掲げています。

Meguko holds up three principles of our activity since its establishment in 1975. These principles contain our will to support the economically challenged children by guaranteeing them the opportunities for education in order to develop their possibilities in the future.

「同じ人間仲間」

Stand on an equal footing


「同じ人間仲間」として、経済的な貧困のために開発の鍵を握る教育の機会を与えられていない、大きな可能性を秘める子どもたちの自立に向かって、対等な立場で子どもたちを支える。

We are from different countries, and different in economic conditions, but we are all human. Meguko shall act for children’s self-reliance from an equal perspective of the local communities.

「顔の見える支援」

Face to face support


プロジェクトの内容は基本的に現地支援先施設の方針に委ねる。私たち「めぐこ」は支援先の子どもたちの側に立ち、支援先の子どもたちの成長する姿を自分たちの目で責任を持って見守ることで「顔の見える支援」を推進する。

Meguko shall visit children and observe their situation with responsibility. We interview partner institutions constantly in order to respect their perspectives.

ライフスタイルの再考

Reconsideration of our lifestyles

 

日本の経済発展や私たちの生活の営みを活動を通して改めて考え直す機会を持つ。

Meguko members shall reconsider the economic development of Japan and our lifestyles through our activities.

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top