「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

「めぐこ」について知りたい

新型コロナウイルス感染症を踏まえた「めぐこ」の対応について

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座からの定期的な募金を受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。昨年は11月9日に開催致しました。

「めぐこ」の支援について知りたい

「めぐこ」の現地との関わり方

How Meguko interacts with the local community

私たちはインドとフィリピンの子どもたちが教育を受け続けるために奨学金制度による学資支援をしています。
We provide financial assistance to children in India and Philippines through scholarships so that they can receive education on a continuous basis.

プロジェクト内容は現地をよく知る支援先に委ね、現地のニーズに合ったプロジェクトを推進、
それを現地に行って確認することを理念の一つとしており、
基本的に現地での日々のプログラム運営については現地のスタッフに委ねる形を採用しています。
One of our policies is to entrust the project to the local community with the details of the project, to promote projects that meet local needs, and to confirm these needs by visiting the site.
We basically leave the day-to-day management of the program to the local staff.

「めぐこ」の支援

「めぐこ」奨学金制度図解 「めぐこ」がインド・フィリピンにて行う独自の奨学金制度「Sophia-MEGUKO Scholars 制度」の図解です。

「めぐこ」はインド・フィリピンにおいて、一部の施設を除くすべての支援施設で奨学金制度(Sophia-MEGUKO Scholars制度:通称SMS)を採用しております。

We adopt SMS(Sophia MEGUKO Scholars)in all institutions in Philippine and India.

支援対象は、Elementary School(6年間)・High School(4年)・Senior High School(2年)に通う生徒で、支援額はそれぞれ1000ペソとなっています。

The students who are selected from elementary school, High school and senior high school are able to get scholarships.

These selected students are provided one thousand Rs(Philippines:Peso)per year.

1000ペソでは学校に通うのに必要な経費の全て賄うことは難しいですが、
依存関係ではなく、同じ人間仲間として「子どもたちの自立を支える」こと、
そして支援施設・子どもたちとの繋がりを大切にする「めぐこ」の支援としては妥当な額であると私たちは考えています。

Although, it is not enough donations, one thousand Rs(Philippines: Peso) per a year to cover all the fees for going to school, we have supported them by this price for a long time. There are two reasons for it, the first one is that we focus on supporting them based on the relationships between us and the students as standing on an equal footing, not dependency. The second one is that we treat our relationship of facilities and students dearly. Therefore we think it is appropriate donations.

「めぐこ」奨学生になるまで

In order to become SMS(Sophia MEGUKO Scholars)

1. 支援施設のソーシャルワーカー(日本における社会福祉士)が近隣地域の家庭から「めぐこ」奨学生を募集を行います。成績優秀で家庭が貧しい場合には学校やソーシャルワーカー側からの推薦が行われることもあります。

In India, Fr.and Sr. Select SMS considering financial situations of students by examining parent’s job and income.

フィリピンでは、施設のソーシャルワーカー(日本における社会福祉士)が近隣地域の家庭から「めぐこ」奨学生の募集を行います。ただし、成績優秀で家庭が貧しい場合には学校やソーシャルワーカー側からの推薦が行われることがあります。

Social workers of partner institutions recruit SMS from the households in the neighboring areas. However, if there are students who are excellent but are from poor family, sometimes they are recommended by schools and social workers.

2. ソーシャルワーカー・被支援施設の運営を行う神父やシスターの書類審査や家庭訪問など各施設独自の審査を経て決定。

SMS are determined after each institution makes an original examination such as document review and home visit.

3. 採用された「めぐこ」奨学生1人当たり年額1000ペソの支給がなされています。

Selected SMS are provided one thousand Rs(Philippines:Peso) per year.

「めぐこ」のフィリピン支援ページトップバナー

「めぐこ」のインド支援紹介へのバナー

「めぐこ」のスタディーツアー 「めぐこ」のスタディーツアーについての解説画像です。

 

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top