Toggle

幹部紹介

【2018年度幹部紹介③】送金長紹介

【2018年度幹部紹介③】送金長紹介

「めぐこ」各部署長にインタビュー!!第3弾!!

季節が夏に変わろうとする中、
今年も「めぐこ」は熱く活動しています!

さて、今回は「めぐこ」送金長の
総合グローバル学部総合グローバル学科3年、
並河万有里さんにいくつかの質問をいたします!

Q.1「めぐこ」に入ったきっかけは?
私は元々国際協力分野に強く関心があり、
大学では学部での学びと共に、
実際に自分も国際協力に携わりたいと
思っていたので、
本気で国際協力に取り組んでいる
「めぐこ」に入りました。

送金長紹介2

Q.2「めぐこ」でのこれまでの活動で1番思い出に残っていることは?

私は「めぐこ」の活動の中で出会いを大切にしています。

送金長紹介
特にスタディーツアーでのSMS(Sophia-MEGUKO Scholarsの略称)
(「めぐこ」が支援する子どもたちの殆どが奨学生として約¥2,000の奨学金給付を受けています。)
そして、子どもたちを見守る保護者の方々、
施設のFr.Sr.やソーシャルワーカーの方々との出会いは
とても大切な思い出で、いつも心に留めて活動しています。

Q.3「めぐこ」2018年の目標「リノベーション」について

送金長紹介3
今年の目標「リノベーション」に倣って、
送金部も「送金部の役割を見つめ直し、一人一人が主体的に行動する」
という目標を掲げました。

現地と日本をつなぐという核は変えずに、
送金部としての役割を果たすために活動して参ります。

メンバー一人一人が担当施設をもち、
施設レポート比較などを通して、施設評価活動を行なっていく予定です。

Q.4「めぐこ」の活動の中で学んだこと、またそれを将来どのように活かしたいですか?
「めぐこ」の活動を通して教育のもつ可能性の大きさについて、
身をもって感じられたことで、
現在教育開発学を専攻してより学びを深めています。
将来も教育を通じて誰かの夢の実現をサポートできたらな、と考えています。

また、たくさんのことを学ばせて頂いた「めぐこ」に少しでも恩返しをしていきたいです!

Q.5支援者様へ一言お願いします!
いつも「めぐこ」にご協力頂き、
ありがとうございます。
現地と支援者様をつなぐ役割を果たせるよう、
また現地施設との関係をより良いものにできるよう、
送金部一同より一層励んで参りますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

質問は以上になります!
このようにして支援者様に私たちのことを
知ってもらえる機会があることを嬉しく思います。
ありがとうございました!

2018年度幹部紹介TOP

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top