Toggle

「めぐこ」メンバー紹介

【2018年度幹部紹介④】ファンドレイジング部長紹介

【2018年度幹部紹介④】ファンドレイジング部長紹介

あじさいの花が咲きみだれ、梅雨の訪れを感じる季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
「めぐこ」では街頭募金やバザーに加え、ASFや各部署での作業など、1年生を含めた活動が本格化してまいりました。

それぞれの活動を円滑に進めていく上で欠かせないのが、資金集めの企画・運営・管理を行うファンドレイジング部の存在です。
今回は、そのファンドレイジング部の部署長、経済学部経済学科3年生の山田晃央さんにお話を伺いました。

1,「めぐこ」に入ったきっかけは何ですか?
もともと、人に喜んでもらえるようなことするのが好きで、
大学生になったらボランティアをしてみたいなと思っていました。
歴史もあって、活動もしっかりしている「めぐこ」に出会い、入会を決めました。

ファンドレイジング部長紹介

2,「めぐこ」でのこれまでの活動で1番思い出に残っていることは何ですか?

2017年度のインドスタディーツアーです。
ツアー長として、また施設担当リーダーとしても参加しましたが、
インドの子どもたちや文化などに触れ、大切な現地パートナーとの仲も深め、とても大切な経験となりました。

3, ファンドレイジング部署長として活動する上で、モチベーションとなっていることは何ですか?

インド・フィリピンの子どもたちの笑顔、そして学習に対するひたむきな姿を日々思い浮かべています。
ファンドレイジング部の活動は資金集めに直結するので、やりがいもとても大きいです。

今後もインド・フィリピンで暮らす、彼らの学びを支えるために、活動を頑張ってまいります。

4,「めぐこ」2018年の目標「リノベーション」についてどうお考えですか?

 

1975年の創立より40年以上活動を続けてきた
「めぐこ」はメンバーも100人規模となり、新たな局面を迎えています。

創立時の理念は骨組みとして大切にし、時代・現状に即した組織づくりを目指してまいります。

5, 最後に支援者様へ一言お願いいたします

いつも、「めぐこ」にご支援をいただき、ありがとうございます。

ファンドレイジング部は今後も、各種イベントの参加、街頭募金、学内チャリティーバザーの企画などを
行ってまいりますので、よろしくお願い致します。

 

各部署長のもと、新入生を含めた100名のメンバーでより一層活動に邁進してまいりますので、
今後とも温かいご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2018年度幹部紹介TOP

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top