「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

未分類

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座から定期的に募金できるほか、500円からのネット募金も受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。今年は11月9日に開催致します。是非足をお運び下さいませ。

施設紹介 アフワ

今回はアフワという施設を紹介します。

施設名:Deep Darshan Ahwa School

設立年:1975年

支援開始年:2018年

私たちは8月15日のインド独立記念日にアフワを訪問し、特別に独立記念の式典も見学させていただきました。女子生徒は顔にインドの国旗のペイントをしたり、ラクシャというブレスレットをつけたりと皆それぞれに年に一度の日を楽しんでいました。式典が始まると、生徒は皆規律正しく立ち、厳かな雰囲気に包まれました。

プログラムでは、一人でスピーチをする生徒や劇をする生徒など様々でしたが、各々の生徒がやりたいことをしっかりと表現できる強さを持っていました。プログラム後の交流の時間には高学年の生徒と交流することができました。最初は恥ずかしそうな様子でしたが、独立記念の日について質問したり、日本の着物の写真を見せたりしていくうちに子どもたちの表情も柔らかくなっていきました。

別れ際には、積極的に話しかけてくれる子もいて、嬉しかったです。 インタビューでは、担当者が新しく変わったこともあり「めぐこ」についてよく知らない様子でしたが、今回のツアーで「めぐこ」についてしっかりと理解していただけました。 また、ピンプリとシャンガハンには高校がないため、それら2施設からアフワに生徒が編入することがよくあります。インタビューでは、ピンプリのFrと連携をとり、「めぐこ」の支援を潤滑に行っていく意思を示していただけました。 アフワは比較的最近支援を開始した施設でありますが、上記2施設との繋がりで継続的な支援が可能になっています。「めぐこ」の支援の輪の広がりをしみじみと感じました。 インタビュー担当以外のメンバーは、アフワの学校見学をしました。寮の中の様子や、子どもたちが実際にごはんを食べる様子も見ることができました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この後の投稿も楽しみにしていてください♪

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top