「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

「めぐこ」メンバー紹介

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座から定期的に募金できるほか、500円からのネット募金も受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。今年のテーマは「Act with us.」 上智大学10号館講堂にて11月17日(土)に開催いたします。

【チャリコンまであと9日】ツアーメンバー紹介【カウントダウン】

2018年度の「めぐこ」チャリティーコンサートまであと9日となりました。

本日もカウントダウンとして、スタディーツアー参加メンバーをご紹介します。

Q.まずはじめに、自己紹介として 学部学科・学年・氏名を教えてください。

総合グローバル学部総合グローバル学科1年の宇野安奈です。

Q.担当施設を教えてください。

CICセブです。

Q.今回ツアーに参加しようと思ったきっかけは?

夏、特に予定がなく、行けない理由がなかったからです。

また、先輩方のお話を聞いて貴重な体験ができると知り、行きたいと思いました。

東南アジアに興味があることも理由の一つです。

Q.今回のツアーで担当しているものがあれば教えてください。

ツアープロジェクトです。

とっきーさんが担当を振り分けてくださり、

私は大和ライフネクスト様との共同企画であるハートリンクの担当をしていました。

メンバーに書いてもらうメッセージカードの用意や袋詰めなどを行いました。

とっきーさんの負担が大きく、

たくさんやっていただいているので、

現地でできるだけとっきーさんをサポートできたらと思っていました。

Q.ツアー前はどんな気持ちでしたか。

体調を崩さないかどうかや、home visit、虫、

あとは、英語力やコミュニーケーション力が不安でした。

楽しみな事としては、いろいろなことを経験できると思っていたので、

ツアー後の自分の変化が一番楽しみでした。

自分の将来についての考えが深まればいいなと期待していました。

Q.ズバリ1番印象に残った施設は?

ドンボスコです。ホームステイを通じて、仲良くなった子が沢山いたからです。

Q. 交流したSMS・SMSの家族・施設のスタッフの方々とのエピソードをどうぞ!

サグラドで、初めて親御さんも一緒に輪になってプログラムを行ったことが印象に残っています。

とても緊張していたのですが、

「めぐこ」の街頭募金やバザーといった活動について、

画像を見せながら説明したところ、

英語が話せる方が他のお母さんに通訳して説明してくださり、

「へえ〜なるほど!」とどの方も納得してくださったことが

とても嬉しかったです(笑)

フィリピンの揚げ物や甘い味付けなど

しっかりした味付けのものが多かったのに、

スープはどれもほっとできるような素朴でやさしい味だったので驚きました!

Q. 支援者の方々にメッセージをお願いします。

めぐこの活動へのご理解に感謝しています。現地で受け取った感謝の言葉を、支援者様に伝えられるよう日々の活動をより頑張っていきたいと思います。

Q. SMSの子どもたちに向けて英語でメッセージをどうぞ!

I am proud of you!♡

Q. その他話し足りないことがあればぜひ!

Pasilでのホームステイの思い出を語らせてください!

セブでよく食べられている、三角に編んだココナッツの葉にお米を入れ加熱して作るご飯”Puso”の編み方をホストマザーに教わりました。

「マスターしたい」と私が言うと、

「try again!」と何度も教えてくださっていたのですが、

いつまでも上達せず、親戚や甥、知り合いなど、何度か先生が交代して教えに来てくれました。

1時間以上はやっていたと思いますが、Pasilを離れる頃には編み方をすっかり忘れてしまっており、とても悲しかったです。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top