「めぐこ」お問い合わせフォーム

「めぐこ」公式メールアドレスへのお問い合わせフォームとなります。

上智大学公認ボランティアサークル 学生主体NGO団体「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-へのお問い合わせフォームです。

Toggle

スタディーツアー

TOPIC

「めぐこ」は皆様の温かいまなざしと、継続的な支援を必要としています。自動振替口座から定期的に募金できるほか、500円からのネット募金も受け付けております!ぜひご覧ください!
毎年有志の「めぐこ」メンバーはインドとフィリピン各国へ隔年で渡航し、支援施設への訪問を行っています。
「めぐこ」は毎年チャリティーコンサートを行っております。 毎年400名ほどの支援者様にご来場いただき大盛況となっております。2018年のテーマは「Act with us.」 上智大学10号館講堂にて11月17日(土)に開催いたしました。

8/23 サンホセ孤児院にて

スケジュール
終日観光
雑感
今日は、朝サンホセの孤児院の子どもたちとの交流があった。

IMG_3892

サンホセの孤児院のめぐこのsmsのlouellちゃんとの出会いについて書きたいと思います。

その子は最初、下向いて無言のまま、友達とちょっと喧嘩して泣きそうだった。
are you ok?と声をかけて、そのあとお絵かきをして遊んだ。

その子は、grade1で、日本でいう小学校1年生の女の子。
その子がかいてくれた絵が大きなお家と家族の絵そして、その中に私の絵も書いてくれた。

ただ、施設の人に聞いたら、その子は虐待を受けていたそうだ。
でも、未だに家族と暮らすことを夢みてるように思えた。
英語があまり喋れないから簡単な英語とタガログ語しか話せなかったけれど、
徐々にlouellちゃんはいろいろ話してくれた。

私は、サンホセの孤児院の子との出会いはとても衝撃的だった。
今まで出会ったsmsの子は、貧しい中でも家族の愛に包まれてる子がたくさんいたし、何より無邪気な笑顔があった。

IMG_3867

だけど、サンホセの孤児院の子は言葉で表せないけどどこか違う。
何かを抱えてる感じ。しかしながらlouellちゃんと遊んでる中で彼女が最後にとびっきりの笑顔でばいばいといってくれたとき、素直に嬉しかった。

そのあと、ホセリサールの博物館やお墓などの観光をして、みんなで大きなショッピングモールにいった。
お土産やコスメをかえて楽しかった。

ツアーを少し振り返ると子どもたち、親、施設の人との出会いやたくさんの感謝の気持ちをもらって、
私たちの支援はちっぽけなもので限られてはいるけど、誰かの人生に光や良い影響を与えられてるのではないかと感じた。

IMG_3885

浅見

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

協賛企業及び、提携団体のご案内

Return Top